パワーストーンの歴史

パワーストーンの歴史はとても古く、紀元前まで遡ります。

 

世界史でよく耳にする、あのメソポタミア文明でも収穫などの祈りの際に必ずパワーストーンが使用されていました。

 

 

更に、エジプトのピラミッドの中からも当時の貴重な装飾品としてトパーズやラピスラズリ、タイガーアイなど多くのパワーストーンが埋葬されていたのです。

 

 

有名なツタンカーメンの黄金マスクにも水晶やカーネリアン、ラピスラズリが装飾されていたので、当時からとても大事に使用されていたのでしょう。

 

 

パワーストーンとは、人類の歴史には無くてはならない石だったんですね。

 

 

 

そして、オリエントから遠く離れた、マヤの古代文明でも同じように装飾品として様々なパワーストーンが使われておりました。

 

 

 

マヤ文明といえば、数学、天文学、宇宙との関わりなど、高度な知識を持っていたマヤ文明ですから、パワーストーンについても十分理解して使われていたのでしょう。

 

 

 

もちろん我が国日本でも昔から多くの天然石が使われています。

 

水晶でできた勾玉なども有名ですよね。

 

 

パワーストーンは、時代や地域が違っても必ず登場してきます。

 

 

それは、やはり何か不思議な力が秘められていると昔から信じられてきたからでしょう。

 

 

 

古代文明で使用されていたパワーストーン

世界最古の文明メソポタミア

 

人類初の都市国家としても有名なメソポタミア文明。

 

歴史上に突如として現れた謎の多いシュメール人ですが、彼ら遺跡からもまた多くのパワーストーンが発掘されております。

 

使用されていた主な天然石には、ラピスラズリ、カーネリアンなどがあります。

 

 

古代エジプト

ピラミッドやミイラでお馴染みのエジプト文明。

 

歴史に疎い方でも、一度は聞いたことがある古代文明ですよね。

 

このピラミッドの中からもミイラとともに棺の中から多くの天然石の装飾品が発見されております。

 

 

ラピスラズリ、カーネリアン、ベリル、トパーズ、アンバー、タイコーズ、ジェイダイドタイガーアイ、クリソベリル、サーペンチン、ヘマタイト、アズライト、ゴールド、
シルバーなどが、古代エジプトで使用されていたパワーストーンです。

 

 

 

古代ギリシャ

ギリシャ神話などで後に多くのヨーロッパの芸術、文学に影響を与えた古代ギリシャでも多くの天然石が重宝されておりました。

 

アクアマリン、アゲート、アメジスト、アンバー、エメラルド、ガーネット、サファイア、ジャスパー、トパーズなどなど天然石が発掘され、神話の中にも登場します。

 

 

 

古代ローマ

古代文明では最大の人口を誇り、最も繁栄したローマ文明。

 

当然、ここでも多くのパワーストーンが使用されております。

 

アクアマリン、アゲート、アメジスト、エメラルド、ガーネット、ムーンストーン、ラピスラズリ、ルビー

 

などを用いた装飾品やツボ、雑貨などが有名ですね。

 

また、古代ローマでは天然石を通貨としても使用されていたようです。

 

 

 

マヤ文明

南米のピラミッドなど、高度な数学、天文学で未だに謎の多いマヤ文明。
ここでも多くのパワーストーンが使用されておりました。

 

マヤ文明は身分階級制が敷かれており、身分の高い貴族ほどより鮮やかな天然石で装飾された飾り物をまとっていたようですね。

 

ジェダイト、アゲート、エメラルド、オニキス、ジェット、タイコーズ、トルコ石などが有名です。

 

 

 

古代日本

日本でも多くの天然石が祭事や祈祷に使用されておりました。

 

特に、日本神話で象徴される古墳などからも多くの天然石が発掘されており、やはり、世界各地と同じようにパワーストーンを使用されてきたようですね。

 

日本では、水晶、珊瑚などが特に重宝されておりました。

 

 

 

異なる民族や文化、宗教などなど、地域によって様々存在する中で、パワーストーンだけは、どこでも同じように重宝され扱われております。

 

 

大昔の人たちも、パワーストーンには言葉では説明できない不思議な力を感じていたのでしょう。

 

 

もしかしたら、近い将来、パワーストーンの力を科学で証明できる日が来るかもしれませんね。

 

 

 

パワーストーンや開運グッズの販売は星のしずく

 

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼